calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

categories

archives

はじめまして!和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性って素敵ですよね。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「まんぷく」第135話から学ぶ女性のキャリア「信頼する」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

娘がこの冬2回目の韓国旅行に旅立って行きました。

いいな〜。私も行きたい!

 

 

さて、今日も「まんぷく」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「信頼する」


 

鈴さんの反応が、最高です。

本当にキュートですよね。

 

レオナルドに家まで送ってもらった幸が、

別れ際にレオナルドにハグされた瞬間を

目撃してしまった鈴さん。

 

もう、幸のことが心配で心配で、

福ちゃんや克子の家族にその事を相談し、

幸の知らないところでその話で持ちきりになっています。

 

抱き合うなんて付き合ってるってことなんじゃないか、

いやいや、外国人にとってはハグは挨拶代わりなんじゃないか、

もしかしてもうキスしちゃったんじゃないか、

みんな心配が高じて妄想が暴走しています(笑)

 

一方幸は、福ちゃんからレオナルドのことを聞かれ

友達だと答えます。

 

見たところ、友達として会ってるけど、

お互いにちょっと意識してるような、

気持ちが揺れている状況のようです。

 

そんな時にもしも周りが

幸にレオナルドとの関係を問いただし、

もう会ってはいけない!なんて言ってしまうと、

幸は反抗的な気持ちになってしまうと思うんですよね。

 

福ちゃんがレオナルドとのことを

さりげなく聞いた時に、

あ〜、なんか心配されてるな、と気づいたと思うんです。

 

理想は、子どもから話してくれるまでひたすら見守る。

そして子どもが自分のタイミングで話してくれる。

 

だと思うのですが、

そうはいかない場合でも、

ちょっと心配していることをにおわせておいて、

子どもには自分で考えてもらうのが

良いのかな〜と思います。

 

自分が子どもだったころを思い出すと、

うちの両親はあまり小言を言わない人でした。

 

例えば帰宅時間が遅くなって、

あ〜、怒られる〜と思いつつ家に入っても、

絶対心配してたのがわかるのに、

「おかえり」

とだけ言われたりするんです。

 

すると、心配かけて申し訳なかったなと、

自分で反省するんですよね。

 

もしも、なんで遅くなったのか、

怒鳴られてしつこく聞かれていたら、

うるさいな!もう!

となっていたかもしれません。

 

信頼されていると、

その信頼を裏切ってはいけないと思うのが

人の心なのではないでしょうか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする