はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「まんぷく」第111話から学ぶ女性のキャリア「究極を目指す」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

前置きなしでいきます。

 

 

今日も「まんぷく」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「究極を目指す」


 

萬平さん、とことんやりますね〜。

 

麺を揚げる金型も自分で作っちゃうなんて、

萬平さんにしては当たり前のことかもしれないけど、

へぇぇぇぇぇぇぇ〜が止まりません。

 

完成の一歩手前まで来てるのに、

真相がわからない周りの人たちは、

完成を待ちきれません。

 

真一さん、面白かったですねぇ。

お金を貸してあげる条件が

ラーメンの試食だなんて(笑)

 

金型も厚さや広さを変えて

油の温度や揚げる時間も色々と試して、

ついにはちぢれ麺にも挑戦!

 

すると、今までで一番の麺ができました!

 

いよいよ完成か?と思ったのに、

萬平さんはまだ満足せず、

また麺から作り直すと言います。

 

一番おいしい状態にするために、

逆算して考えると。

 

ふつうはここまでできませんよね。

これが萬平さんの職人としてのこだわりなんですね。

 

究極をとことん突き詰めることで、

他の追随を許さない、

揺るぎのなさを得ることができます。

 

これを仕事の仕方に当てはめると、

今どきの働き方が見えて来ます。

 

最近の人材の需要を見ていて思うのですが、

ゼネラリストよりも

スペシャリストが求められているのでは、

と感じるんです。

 

ゼネラリストは、柔軟性があり、

幅広い職種を上手にこなすことができるタイプ。

スペシャリストは専門性があり、

これを頼む時はこの人!

と言われるような人。

 

大量生産の時代はもうすでに終わっていて、

個人の好みに合うような、

ちょっと尖った商品が好まれるようになっている

今の時代。

 

右に同じ!という考え方、

ほどほどでいいよ、という考え方は

この先さらに通じにくくなってくると思われます。

 

それに、前者の仕事はどんどん

AIがするようになってきているんですよね。

 

つまり働き手としては、

これだけは誰にも負けない、という、

尖った部分を何か持っていると、

この先強いということなんです。

 

自分の中の尖った部分は

究極を目指して伸ばし続けましょう。

 

前日の記事は、バランスが大事です♪

と書きながら、今日は究極を目指せと書いている・・・。

 

ま、いっか(笑)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする