はじめまして!和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性って素敵ですよね。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

母娘旅シリーズ〜2019奄美大島その1

JUGEMテーマ:旅行

 

毎年この時期は仕事が少し落ち着くので、

旅行熱が上がってくるのですが。

 

今年は息子が受験だしな・・・

ちょっと我慢しないとな・・・

 

でも逆に娘は、大学が休みのこの時期に、

一緒に旅行に行こう!と行く気満々。

 

それじゃ、1泊だけ、どっかいく?

 

と探していたのですが。

 

旅行の検索をしていると、

出てくる広告が旅行のやつばかりになってきて(笑)

その中で見つけてしまったんです。

 

大阪ー奄美大島 500円。

 

なに?500円?そんなバカな!

 

バニラエアの5周年記念のセールでした。

でも、こういうのってすぐになくなっちゃうのよね。

もう残ってるはずないよね。

 

と、念のため調べてみると・・・・・・

 

あったんです!行きが一人500円、

帰りは一人1000円ちょっと。

手数料など入れて、2人分で飛行機代往復7000円ちょっと。

 

こりゃ行くしかないでしょ!

と、一気に行くことになった奄美大島。

1月31日〜2月1日にかけて行って来ました!

 

普段はピーチを愛用しているので、

関西空港の第2ターミナルから飛ぶのですが、

バニラエアは第1ターミナルなのですね!

しかも、事前にWEBチェックインができるのも便利!

 

当日はいきなり手荷物検査に行けばいいだけ。

 

ただ、持って入れる荷物の重さが7キロ。

荷物は最小限に抑えました。

検査場に行く前に、バニラエアのカウンター前で

計測をしてもらうと・・・

ワタクシの荷物。3キロ。

1泊とは言え、女子とは思えない量です(笑)

 

計測の係の方も、「軽いですね」と。

 

これなら、帰りにお土産を買っても

ある程度は大丈夫。

 

そして乗り込みました。

 

乗り心地は、ピーチと同じ感じです。

私は縦にはコンパクトなので(笑)膝が前に当たることはありません。

大柄な方なら少し窮屈かもしれませんね。

 

約2時間の空の旅。堪能いたしました。

 

 

空港に到着。そしてレンタカー屋さんへ。

 

 

お迎えのバスもあるとのことでしたが、

空港から見えるところだったので徒歩で。

 

そして車を借りてまずは泊る宿の鍵をもらいに行きました。

 

今回、「伝泊」の宿にしたのですが、

なんと1棟貸しなんですよね。

 

なので、事務所になっているところに鍵を借りに行き、

後は自分たちでおうちに入って過ごす、というスタイルです。

 

島の住民の方が使っていた実際の家を

改築して宿にしていて、

奄美大島に9棟、徳之島に6棟あるようです。

 

チェックインはまだできないとのことでしたが、

場所を案内してもらいました。

 

すると・・・。

 

すごい。すごいんです。

 

え?ここ通るの?という、

車一台がやっとの道をどんどん進み、

たどり着いた1軒屋。

 

素敵すぎます。

これは2人で1泊なんてもったいな過ぎると思いました。

 

宿の紹介は後ほど。

 

大島紬を着せてもらえるところを予約していたので、

そちら方面に向かってGO。

 

その近くにある、「島とうふ屋」さんでランチ。

 

 

週替わりランチを頼んだのですが、

豆腐料理、この品数でまさかの850円!(確か)

向こう側に娘の分が写ってますが。

 

そして、奄美大島にある飲み物「みき」

と、自家製豆乳、湯豆腐を自由にとっても良いという、

なんと幸せなランチでした。

 

みきは甘酒みたいな味で、つぶつぶしてて、

豆乳と混ぜるとまた違う味になって、

これ、毎日飲んだら絶対身体にいいだろうなと思いました。

 

 

 

「島とうふ屋」ホームページはこちら。

 

そこから「夢織りの郷」へ。

 

大島紬に関するいろいろな体験ができるところです。

そこで、私たちは着付けをしてもらい、

写真を撮ってもらうという体験をしました。

 

 

好きなのを選べます。

 

娘はこれを

 

 

ワタクシはこれを。

 

 

写真はスタッフの方がデジカメで撮って下さり、

2枚はプリントしたものをいただけます。

持って帰れるんですよ〜。

 

自由に写真を撮っても良いとのことで、

娘と2人、撮りまくり(笑)

 

大島紬を着る機会なんてめったにないから、

貴重な経験でした。

また着物熱に火がついてしまったかも。

 

そこから、絶対に行きたかった宮古崎へ。

「せごどん」のオープニングに出てくる場所なんです。

 

そちらに向かっていく途中に、

とっても大きいスーパーらしきところがあったので、

もしかしてお土産買えるかも、と思って寄ってみました。

 

 

本当に大きかった!

ホームセンターとスーパーが一体化したようなところでした。

 

そこでお土産や夜の部屋飲み用アルコールを入手♪

 

いざ、宮古崎へ!

 

ところが、晴れていたはずの空が曇って来て、

雨がパラパラ・・・。

しかも、急に風が強くなってきました。

 

現地に到着した頃には、雨はやんでいたものの突風!

 

 

ほらね(笑)

 

あまりの強風でうら若き女子2人では怖いので(笑)

本当に残念だったんだけど、岬まで行くのはやめました。

 

海に向かって大声でヤッホー大会をして、

戻ってきました。

 

その後も風は強まるばかり。

レンタカーは軽だったので、飛ばされそうになりながら、

宿の近くまで来ました。

 

付近にはお店はなかったので、

少し手前のところにある居酒屋に。

 

 

ガジュマルの樹の下で、というところでした。

お昼の島とうふ屋さんで食べ過ぎたので、

あまりたくさん頼まないようにしようと言ってたのに。

 

 

サラダ、デカ!

 

いやでも、美味しかったですよ。

宿まで運転なので飲めなくて残念でしたが。

 

そこから、宿まで昼間予習した道を。

細くてアップダウンの激しいところ。

夜は街灯もあまりなく、真っ暗Σ( ̄ロ ̄lll)

 

しかも、駐車場から50メートルくらいは

歩かないといけません。

 

昼間に行った時に懐中電灯を持ち出していて良かった!

相変わらず暴風だし、人気はないし、

さすがの私も怖くって、

娘と肝試しのように腕を組んで、

キャーキャー言いながら歩きました。

 

なんとか無事到着。

本当に良かった〜〜〜〜〜〜〜。

 

晴れていたら外に出て海を見たかったけど、

台風並みの風に、そんな気分にはなれず、

ただただ乾杯!

 

 

オリオンビールと、ワイン♪

 

 

こんな、懐かしい感じのお部屋で、

怖いので廊下の電気をつけっぱなしで、

怖くて眠れないかもしれない・・・と思いつつ、

朝まで爆睡しました(笑)

 

その2に続く

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする