はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「まんぷく」第102話から学ぶ女性のキャリア「気迫」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

前置きなしでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も「まんぷく」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「気迫」


 

萬平さんの麺づくりは

なかなかうまくいきません。

 

麺がボソボソしてちぎれてしまったり、

味がスープに出て来なかったり、

ネバネバして麺がひっついてしまったり。。。

 

それを全面的に応援している福ちゃん。

鈴さんも鈴さんなりに協力をしています。

というか、割烹着を来てノリノリになっている鈴さん。

かわいいです・・・。

 

そして、いくらダメでもあきらめずに、

次はこれ、次はこれ、と試している萬平さんには

気迫が感じられます。

 

その気迫に、周りの人は少なからず影響を受けています。

 

子どもたちも逞しくなりましたし、

克子やその子どもたちも成功を信じていますし、

パーラーの夫婦も全力で応援してくれています。

 

心無いうわさ話も出ていますけどね。

 

塩づくりの時も、ダネイホン作りの時も、

うまくいかない時は言いたいことを言う人がいたけど、

最後にはみんな協力的になって応援してくれました。

 

気迫は目には見えないし、

計れるものではないけど、

自分も何かしないといけないのでは?とか

この人をバカにしてはいけないな、とか、

な〜んか知らないうちに巻き込まれてしまっているのよね、

ということ、ありませんか。

 

私の周りには、とても勉強熱心な方が多く、

一つのことをクリアしても、また次!と

チャレンジしている人がたくさんいます。

 

私はその影響をもろに受けていて、

じっとしていることができません(笑)

 

私も、プラスの気迫を出せるくらい、

頑張らねば!と思います!

と同時に、周りの人の気迫を受け取り、

相乗効果でプラスになっていけるよう、

アンテナを立てておきたいと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする