はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「まんぷく」第99話から学ぶ女性のキャリア「大阪のおばちゃん」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

前置きなしでいきます。

 

 

きょうも「まんぷく」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「大阪のおばちゃん」


 

萬平さんが作ったスープ、どんな味なんでしょうか!

ああ、食べたい。チキンラーメン。

今日のお昼はチキンラーメンにしようかな(笑)

 

真剣だからこそ、福ちゃんも鈴さんも、

簡単に味に納得しません。

この程度の味ではダメだと言います。

確かに、そこまで追求してこそ、

みんながおどろくものができるんですよね。

 

一方、福ちゃんを訪ねてきた真一さん。

再婚を考えているのだそう。

 

福ちゃんたちにもそれを認めてもらいたいと

一度会ってほしいと言います。

真一さんって本当に誠実な人ですね。

 

そして福ちゃんの働くパーラーで

相手の女性と福ちゃんが対面。

その女性はよくしゃべる、明るい人。

それを見たパーラーのマスターが

 

「大阪のおばちゃんやな」

 

ぷぷぷぷぷ!

吹き出してしまいました。

私もそう思っていました(笑)

 

何て言うんでしょうね。この感覚。

 

「大阪のおばちゃん」って

どういうニュアンスを感じますか?

 

私は親しみを感じてしまいます!

 

・面白い

・声が大きい

・よく笑う

・よくしゃべる

・自分や身内を落として笑いを取る(自虐ネタ)

・細かいことは気にしない

・あめちゃんを持っている(笑)

 

こんな印象なんですよね。

 

まあ、マイナスイメージで使われることも

なくはないのでしょうけど、私は好きです。

 

小さいことは気にせず、笑い飛ばす。

 

なんかこれって、

人生を楽しく生きる秘訣のような気がします。

 

私も、愛される大阪のおばちゃんを目指したいです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする