はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「まんぷく」第93話から学ぶ女性のキャリア「ひらめきは積み重ねとつながり」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

ここ数日、報告書や資料作りなど、

家でパソコンに向かう仕事が多いので、

すっかり運動不足です。

 

冬の運動不足って、

なんかほんとに不健康に思えてしまう・・・。

お散歩でも行こうかな。

 

 

さて、今日も「まんぷく」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「ひらめきは積み重ねとつながり」


 

信用組合時代からすると、家は狭くなり、

食卓のおかずは少なくなり、

三種の神器は買えないけど・・・

なんだか福ちゃんたちは相変わらず楽しそうです。

 

気持ちの持ち方なのでしょうね。

福ちゃんの明るさには、見ているこちらも励まされますね。

 

ただ、萬平さん、

このままずっと無職というわけにはいきません。

 

周りからも、次は何を発明するのか、

期待を寄せられています。

 

家の裏庭で福ちゃんと野菜作りをしながら

昔のことを思い出していた萬平さん。

 

萬平さんにとっては食べることが原点だったこと、

福ちゃんと食べたラーメンがおいしかったこと、

塩づくりをしていた頃も、

ラーメン屋さんに行っていたことを思い出し・・・

 

そして福ちゃんには、大変なことは何かと

インタビューをしています。

 

主婦としては、ご飯を考えるのが大変だという福ちゃん。

わかるわ〜!毎食毎食考えるのって、本当に大変!

 

そして、萬平さん、ひらめきました!

 

「ラーメンだ!」

 

あんなにみんなが好きなラーメンなのに、

どうして家で食べることができないんだ!

 

きましたよ〜、ラーメン!

今では当たり前にあるインスタントラーメンだけど、

昔はなかったんですよね。

 

インスタントラーメンにはどれだけ助けられているか・・・。

忙しい時にお湯を入れて3分で食べられるんですから。

 

あ、いや、まだインスタントラーメンとは言ってませんね!

先走ってしまいましたが(笑)

 

萬平さんがすごいのは、こんなのがあったらいいなという

ひらめきの力と、それを本当に作ってしまう技術力と粘り強さ。

 

その中で今日はひらめきについて考えてみますが、

これ、前にも書いたと思います。

 

新しいアイデアって、何もないところから

急に出てくるものではなく、

今まで見てきたもの、聞いてきたもの、

学んだこと、経験してきたことが

何かのきっかけでピタっとつながる瞬間に

出てくるものなのですよね。

 

萬平さんも、ラーメンを食べて

おいしかったという経験がなければ、

家でも食べられるラーメンなんて発想は

出てこないわけです。

 

ということは、新しい何かを作ろうと思ったら

色んなところに出かけ、色んな人に会って、

色んな本を読んで、知識と経験値を高めることが

大切なんですね。

 

そしてその可能性をさらに広げようと思えば、

価値観の違う人ともつながりを持つことで、

自分だけでは思いつかないことも

出てきたリするんですよね。

 

今、ダイバーシティ&インクルージョンが大切だと

言われているのもそういうことです。

 

一人でできる経験なんてたかが知れています。

だから、経験値の違う人、考え方の違う人同士が

一緒に何かをすると、2倍3倍のアイデアが出る可能性が

あるんです。

 

自分ひとりではできないことが、

人とつながることでできるようになると思うと、

なんだか、ワクワクしますね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする