はじめまして!和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性って素敵ですよね。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「まんぷく」第86話から学ぶ女性のキャリア「起こさない」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

前置きなしでいきます。

 

 

今日も「まんぷく」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「起こさない」


 

梅田銀行からの資金援助をなんとか引き出したい萬平さん。

梅田銀行の担当者を織田島製作所に連れて行き、

完成した万能調理器を実際使って見せました。

 

万能調理器の素晴らしさを実感した担当者は、

資金援助を決意。萬平さんと意気投合してサシ飲み(笑)

 

めでたしめでたし〜♪

 

とはならないと思いますが・・・。

 

仕事の話は今日は置いといて。

萬平さんが仕事から帰って来てからのお話を。

 

遅い時間に帰ったため、子どもたちは鈴さんが寝かしつけ中。

萬平さんは、子どもたちの顔を見てくる。と、見に行きます。

 

そして、鈴さんが寝かしつけている様子をふすまの影から見て

そのままそこで子どもの声を聴き、居間に戻りました。

 

素晴らしい!!!

 

そこで、お父さんが登場してしまうと、

子どもたちは嬉しくなって、寝るどころじゃなくなっちゃうんですよね。

 

そうするとまた、1から寝かしつけをしないといけません。

 

子育て中の夫婦が大きな危機を迎えるかどうかの

大きな問題なのです。

 

多いのは、母親が疲れ果てながら子どもを寝かしつけ、

やっと寝る態勢に入ってくれた〜と思った時に父帰宅。

そして子どもたちと関わりたいからと起こしてしまうパターン。

 

根本的な問題は、子どもが寝る時間になっても

仕事が忙しくて父親が帰宅していないことなんですが、

父親が帰って来てからのこの振る舞いは

母親のストレスを倍増させ、

夫婦仲に亀裂が入る原因になってしまいます。

 

子どもがかわいいのに、早く帰れなくて関われない

父親のストレスもわからないではないのですが。

 

子どもの睡眠時間確保のため、

母親の心の健康のため、

そこはググっと我慢をして、

お休みの日に目いっぱい子どもと遊んではいかがでしょうか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする