はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「まんぷく」第84話から学ぶ女性のキャリア「尊重」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

1月11日。1が3つ並んでいます。

なんか、気持ちいいですね(笑)

 

 

 

今日も「まんぷく」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「尊重」


 

いよいよ、萬平さんののめり込みぶりが

目に余るようになってきました。

 

町工場を手伝うことにとどまらず、

お金のことは気にしないでください、とまで・・・。

 

萬平さんをサポートする立場の真一さんも

かなり困っています。

 

福ちゃんは萬平さんにその話をしようとしますが、

なかなか言い出せません。

 

福ちゃんは萬平さんが物づくりをしたいという気持ち、

工場を手伝うことが面白くて仕方ないという気持ちが

わかっているからです。

 

一方、克子の夫は、美人画を描くことにした、と、

美人のモデルを家に入れて、描いていました。

それを見た克子は複雑な気持ち・・・。

 

でも、好きなようにすればいいと言った手前、

反対できません。

 

2人とも、夫のやりたいことを尊重しようとして、

葛藤しているようですね。

 

本当に難しいところです。

 

心を広く持って、相手がやりたいと言う気持ちを尊重し、応援する。

こうありたいですよね。

特にそれが家族であれば、尊重したい気持ちは強いはず。

 

とは言え、

相手がやりたいことが一般的に筋が通っていないことだったら、

相手がやりたいことが自分の思いに反することだったら、

葛藤してしまうのですよね。

 

そんな時は一歩引いて考えてみて、

周囲との関係性を見た時にどうか?

長い目で見た時にどうか?

と考えてみてはどうでしょうか?

 

もやもやしているままではなく、

一歩引いて考えて、どうするのかを自分で決めて、

決めたことを伝えるのが、

一番自分にとっては納得できるのではないでしょうか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする