はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「まんぷく」第80話から学ぶ女性のキャリア「働くことが恥ずかしい」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

今朝はとっても寒いです!

手がかじかんでなかなかうまく動きません。

でも、こたつのおかげで足元はポカポカです。

もう、こたつから離れられません!

 

 

さて、今日も「まんぷく」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「働くことが恥ずかしい」


 

おお!もう8年も経ったのですね!

萬平さんが池田信用組合の理事長をはじめてから、

8年が経ったそうです。

 

周りの景色が変わりましたね〜。

子どもたちが乗っていたホッピング、

小学生の頃欲しくて欲しくて仕方なかったやつです!

 

そして、自分の故郷の隣町が舞台って、

なんだかとっても嬉しい・・・。

 

萬平さん率いる信用組合は、

うまくいっているようですね。

 

梅田銀行の人の話によると、

この先の景気の雲行きは少し、怪しい感じもしますが・・・。

 

一方福ちゃんは、パーマをかけてちょっとサザエさん風に(笑)

パーラーでパートタイマーとして働いています。

 

朝の家事が終わってしまうとあとはやることがないから、

という理由で。

 

女学校時代からのお友達の敏ちゃんがお客さんとして来て、

どうして理事長の奥さんなのに働いているのか

不思議がっていましたが、理由を聞いて納得。

 

でも、納得ができないのが鈴さん(笑)

理事長の奥さんがパーラーで働いているなんて

恥ずかしいと言っています。

 

何もすることがないなら、何もしなくていいのに。と。

家事も、お手伝いさんを雇えばいいのに。と。

 

じっとしていられない性分というのはありますよね。

福ちゃんはそれの典型です。

 

当時は専業主婦が大多数の時代。

奥さんが働く=旦那さんの甲斐性がない

なんて考えがありました。

 

過去形で書きましたが、

今のその考えがなくなったわけではなく、

ひとつの価値観としてあります。

私は全くそうは思いませんが。

 

ましてや、働くことが恥ずかしいだなんて聞くと、

悲しくなってしまいます。

 

時間をどう使いたいかなんて、一人一人違います。

お金に困っていなくても仕事をしたいという人がいても、

まったく不思議ではありません。

 

母と子で価値観が違うのは、

性格の違いもあると思いますが、

年代の違いは大きいです。

 

時代の流れの中で、求められるものが違ってくるからです。

 

これからの時代は、働ける人はどんどん働きましょう、

という価値観が大切にされる時代。

働くことの楽しさ、喜びを見つけられるかどうかが、

人生を充実させる大きなポイントになります。

 

新年の仕事始め。

今年一年、楽しく仕事ができますように♪

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする