はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「まんぷく」第44話から学ぶ女性のキャリア「心のバランス」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

うわ〜、あさイチの特集がハンバーグ♪

美味しそうです!

 

家で作ると、なぜかちょっと固くなってしまうんですよねぇ。

水分が出てしまってるのかな?

 

ま、家庭の味ってことで、いいか♪(笑)

 

 

さて、今日も「まんぷく」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「心のバランス」


 

今日は、普段あまり話さない人たちが語ってて

面白かったです。

 

特に、忠彦さん。

絵を描いているシーンが多くて、

もともと口数が多い方ではないので、

どんな人なのかよくわからなかったけど、

今日はよくしゃべっていましたね〜。

 

鈴さんへの対応の仕方を、あんなに考えていただなんて。

鈴さんの言うことには、すべてうんうんうなずいて

聞いてあげるべきなんだと、なかなか核心をついています!

 

あと、子どもたちのやりとりも面白かったですね。

お姉ちゃん2人と弟2人の、大人と子どもの境目!

 

お姉ちゃんたちは、私はもう子どもじゃない、と言い、

弟2人は僕は子ども〜〜〜〜〜〜♪と、子どもを主張。

 

よく、女の子の方がしっかりしてるというけど、

この子たちの性別が逆だったらどうだったんだろう・・・

などと考えてしまいました。

 

そして肝心の鈴さん。

あんなに近くにいたとは!!!

 

みんなが必死に探してるのに、本人はすました顔でラーメンを。

いかにも鈴さんらしい・・・。

 

でもね、鈴さんのこの行動、わかる気がするんです。

 

自分がしていることを、誰もちゃんと見てくれなくて、

評価してくれなくて、話も聞いてくれなくて。

 

主婦として、これに似た思いをしている人、

けっこういるんじゃないでしょうか。

 

家事なんて、やって当たり前。

できていなかったら、ここが汚れてる、

今日の料理はあまりおいしくない、

洗濯ものがたまってる・・・とか。

 

その多くが女性に偏っている家事。

なかなか評価されない家事。

家電が便利になったから、楽でしょ。

そういう問題じゃなくて。

 

一生懸命やっていることを、まずは認めて欲しいのですよ。

それをしてもらえないまま、不満がたまってしまうと、

心のバランスが取れなくなってくるんですよね。

 

なんでわたしばっかり、と。

 

その、負の部分をなんとかしようとして、

怒ってしまったり、泣いてしまったり、

鈴さんのように家出してしまったりするのです。

 

周りの人、気づいてあげてくださいね。

 

ただ、自分でもできることがあります。

 

心のバランスが取れてないなと感じたら、

負の部分を解消できるように、

ちゃんと自分をメンテした方がいい。

 

いや、家出を推奨しているわけではありませんが。

 

私は、うつうつがたまってくると、

1人の時間を増やします。

もっと言うと、何者でもない自分になります。

 

自然の中にいる方が落ち着くという人もいるけど、

私の場合は都会の雑踏なんですよね〜。

 

誰も気にしてない感じがいい。

 

さらなるケアが必要な時は、

一人旅に行ってしまいます!

究極の一人時間!

考えただけでもワクワクします♪

 

そんな風に、バランスが悪い時に、

これをやったらバランスが取れるよ〜ということを

いくつか持っておくといいですよ。

 

鈴さん、どういうタイミングで帰るのかな?

あまり長くなると、帰りにくくなりますよ〜〜〜。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする