はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「まんぷく」第42話から学ぶ女性のキャリア「投資」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

前置きなしでいきます。

 

 

さて、今日も「まんぷく」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「投資」


 

いや〜、今回は完全に気持ちの良いストーリーでした!

福ちゃんの、人を動かす才能は素晴らしい!

 

世良さんが、萬平さんの塩を闇市で売って、

内緒で自分も儲けていたことが明らかになり、

福ちゃんは世良さんに会いに行こうとします。

 

世良さんが商工会会長の三田村さんと一緒だということがわかり、

その場所へ押しかけました。

 

でも、世良さんを問い詰めたのではなく、

三田村会長としかお話をしません。

 

以前、三田村さんは福ちゃんに頼まれて、

萬平さんを助けたことがあったので、そのお礼と、

近況報告をしています。

 

その報告の中に、萬平さんの塩づくりにかける思いを盛り込み、

世良さんの胸をチクチクやります(笑)

 

「うちのお塩は決して闇市で売ったりしません」

「正しいやり方で世の中の役に立ちたい」

 

などと、容赦なくチクチクやります。

(結果、世良さんもバレてることに気づきました:笑)

 

その話を聞いた三田村さんはなんと、

萬平さんに投資をすると言ってくれました!

それには福ちゃんもびっくり!

 

あれだけ苦労してお金集めをしていたのに、

投資という形でお金を手に入れることができました。

 

それは、福ちゃんが萬平さんの仕事への想いを

自分事として熱く語り、

三田村さんがそれに心を動かされたからです。

 

絶対確実に儲けが出るとは限らない。

それどころか、事業に失敗したら

出した分だけ損になってしまう。

 

でも、この人は信頼できるから、

この人のやろうとしている事に賛同できるから、

この人の応援をしたいから、

とお金を出す。

 

それが投資なんですよね。

 

やろうとしていることがうまくいけば、

投資した分以上に返ってくる可能性もある、

夢のあるお話なんです。

 

家庭に置き換えると、

毎日の食費とか、日用品とかは消費。

子どもへの教育費は投資ともいえるのではないでしょうか。

 

そこで、女性の皆さんに聞きたいです。

自分に投資していますか?

 

今、私は個人事業主なので、

自分に投資することは当たり前という感覚です。

 

本を買ったり、遠方までセミナーを聞きに行ったり、

資格を取ったり。

 

そうして身に付けたことが次の仕事につながるんだから、

これは消費でも浪費でもなく、投資だと。

 

でも、専業主婦だったころ、

そんな感覚はなかった気がします。

 

自分で稼いでいるお金がないのに、

自分にお金を使うだなんて。と。

消費と投資は違うのに。

 

もしもそのまま自分に投資をしていなかったら、

私は仕事をしていなかったと思います。

 

あの時、悪あがきかもしれないと思いつつ、

罪悪感を感じつつも、資格のテキストを買い、

勉強をしはじめなかったら、何も始まらなかった。

 

自分に投資をしたおかげで、仕事という、

私にとっての生きがいを見つけることができたんです。

 

そして今は、子どもへの投資のピークです!

2人を大学まで通わせるというのは、

こういうことなのですね!という、

リアルな状況です!頑張ります!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする