はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「まんぷく」第37話から学ぶ女性のキャリア「重要な場面」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

大阪のスタバで「大阪めっちゃ抹茶」シリーズが

限定販売されているとか。

 

私、抹茶好き。飲みたい!

期間中に行けるかなぁ。

土曜日娘とドライブスルーに寄ったのに、

めっちゃ抹茶のことを忘れてた( ノД`)

 

 

気を取り直して

今日も「まんぷく」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「重要な場面」


 

萬平さんたち、すごいですね!

コツコツの積み重ねでたくさんの塩が出来上がりました!

それに、認可がおりて「たちばな塩業」として

会社が立ち上がりました!

 

とっても順調です!と言いたいところですが、

そうはいかないのが朝ドラ。

 

出来上がった塩が少し茶色かった時、

そこにいた従業員が、それくらい大丈夫だと

入れてしまいました。

 

いよいよ販売開始!という重要な時に、

それはいけません!

その先の取引に関わってきますよね。

 

それよりも、世良さん!なにやっとんねん!

世良さんは得体が知れないけど、

本質的には良い人なんじゃないかな〜と思ってたのに・・・。

 

初出荷の塩を萬平さんは世良さんに託し、

仲介してもらうことに。

 

最初は萬平さんもついていくと言っていたのに、

世良さんにおまえは塩づくりに専念しろと言われ、

信用して1人で行かせてしまいました。

 

すると・・・

 

持って行った塩は3000円で売れました!

のに、世良さんが1500円を着服〜?

1500円でしか売れなかったと、萬平さんたちをだましました。

 

許せないですね!

でも、萬平さんもミスをしました。

 

自分の会社の大切な商品の初出荷です。

相場だって知っておかないといけないし、

自分で行くべきでした。

 

品質管理、初出荷、

二つの重要な場面でミスをしてしまったのは

ちょっと痛かったですね。

 

萬平さんの、人を疑わない性格が、

裏目に出てしまった形です。

 

ビジネスの現場で、ここぞ重要!という場面では、

責任者がきちんと立ち会わないといけません。

 

人任せにしても良いところとダメなところの見極めが、

最初は特に難しいのでしょうが、

それだけに慎重にすべきでしたね。

 

人生にも少し似たようなことがあると感じます。

 

例えば、普段は仕事が忙しくて

家に帰るのが遅いお父さん、お母さんも、

子どもの誕生日は早く帰ってみんなでお祝いをするとか。

 

普段は人に頼ったりしない人から

助けを求められた時には駆けつけるとか。

 

今この場面って、もしかしてすごい重要かもと

気づくことが大切なんだと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする