はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「まんぷく」第3話から学ぶ女性のキャリア「光るもの」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

なんと!今週末またまた台風ですか⁉

今年はなんなんでしょうねー。

台風の勢力もどんどん大きくなってるような気がするし、

子どもたちの時代になると、どうなるんだろうと、

ちょっと心配になります。

 

出来る対策はしておかないといけませんね。

 

 

さて、今日も「まんぷく」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「光るもの」


 

お母さん!オモロい!

って、面白がってる場合じゃないですね。

 

咲が嫁入りしたら、福子と2人になってしまうから、

咲にお嫁に行って欲しくないだなんて、

福ちゃん、ショック‼

 

でも、福ちゃんの心からの本音トークで、

お母さんも納得して、咲を嫁入りさせることに

前向きになりました。良かった。

やはり、心からの言葉って、響くのですね。

 

そして今日のテーマは、福ちゃんの仕事ぶりについて。

思わぬ展開になって来ました!

 

電話交換でやらかしてしまい、

外国人のお客様に間違えてつないでしまったことを、

お客さんに謝りに行ったことがきっかけで、栄転!

 

そのお客さんが謝りに来た時の福ちゃんを

褒めたことがきっかけになり、

電話交換手からフロント係へ。

 

英語を話せることを評価されたんですね。

今でこそ、英語を話せる人は増えましたが、

当時はまだまだ少なかったのでしょう。

 

仕事に限らず、何かに一生懸命に取り組んでいると、

見ていてくれる人は必ずいて、

すぐにどうこうではなくても、いざとなったらあの人に頼もうとか、

そういう事ってあるんですよね。

 

誰もが光るものを持っていて、

自分では気づかなくても、周りが気付いてくれることもある。

 

でも、いい加減に取り組んでいたら、

せっかくの光るものも出てこないように思います。

 

私はキャリアカウンセリングをする中で、

「私は何の取り柄もないんです」

という方と多く出会って来ました。が、

まったく取り柄のない人なんていません。

 

いつ見つかるかわからないけど、

自分のどこかに必ず光るものがある、と思うと、

なんだかワクワクしませんか?

 

福ちゃん、フロントでまたわちゃわちゃしそうだけど、

ファンもいっぱい出来そうな気がする!

 

福ちゃんの健闘を祈ります!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする