はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「半分、青い。」153話から学ぶ女性のキャリア「立ち止まっちゃいけない」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

前置きなしでいきます。

 

 

さて、今日も「半分、青い。」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「立ち止まっちゃいけない」


 

震災後、みんなの心が迷っています。

 

今まで何度か大きな災害を経験してきて、

その度に、私もそんな感覚でした。

 

でも、こんな時だからこそ、前を向こうと、

工場の社長さんの息子(ですよね?)も言っていました。

 

そして、恵子さんも、

昨日と同じように、昨日とは変わってしまった今日を生きることが、

私にできることだと言っていました。

 

気が付いた人から、

今自分にできることを見つけ、動いて行く。

 

そうすることで、社会が止まらずにすむのですよね。

 

そうそう、東日本の震災の後、

私も私もどうしていいのかわからなかったけど、

大学の授業をきちんと、いつも通りにやることにしたと、

2日前の記事で書きましたが、

それ以外にもしたことがあります。

 

株を売らないこと。

 

あの時、株価がどんどん下がっていったんです。

みんなが売るから、また下がって。

 

でも、私は売らないと決めました。

私が出資している金額なんてちっぽけなものだけど、

下がってしまうから今のうちに売る、という

負の連鎖に入りたくなかったんですよね。

 

株を買うのは投資の意味もあるけど、

私の場合は短期で売り買いするような時間もスキルもないし、

好きな企業を応援するという気持ちの方が大きいんです。

 

だから、なんでこんな大変な時に手を引いちゃうの?

と、そんな感覚でした。

 

今年に入ってまたあちこちで災害がおきていますし、

その度に今自分がすべきことを考えていますが、

「立ち止まらない」

という気持ちを持つことは、本当に大きいように思います。

 

直接被災して動けない人のために、

動ける人が動ける場所で動く。

これをみんなでやって乗り切っていきましょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする