はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「半分、青い。」第147話から学ぶ女性のキャリア「人生は面白い」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

今回は前置きなしでいきます〜。

 

 

今日も「半分、青い。」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「人生は面白い」


 

きゃ〜!ついに!ついにですか!

すずめと、律が!

 

それよりも、あさイチの華丸さんの照れ方の方が

面白かったような気もしますが(笑)

 

やっと、お互いに自分の気持ちを認めた、のかな???

 

そして、今日の出だしにも吹き出しちゃいました(笑)

すずめたちが作ったそよ風の扇風機を、

さも自分が作ったかのように息子に自慢している津曲さんを

どや顔で見つめるすずめ。ぷぷぷぷぷ〜(笑)

 

しかし、さすがはすずめ。

息子の前でカッコいいところを見せようとしている

津曲さんに合わせて、

津曲さんの下で働いていることにして挨拶。

その場を丸く収めました。

 

ま、そういうことも大事ですよね。

空気を読んで、今はこうした方が良さそうだと判断して合わせる。

そういう機転の良さは、

周りの人たちのことをちゃんと見ていないと

身につかないものです。

 

で、今日のテーマですが、これは晴さんのセリフ。

 

晴さんは、前に何か新しいことを始めたいと言っていました。

そして写真教室に通い始めたんですね。

 

すると、そこにブッチャーくんのお母さんも来ていて、

しゃべってみたら意外と面白い人だったと、

すずめに話した後、

「わからんもんや、人生は面白いわ」

と。

 

人生、何があるかわからなくて面白いわ、と

私は感じたのですが。

 

もしそうなら、私も激しく同意します!

 

きっとこの人は、こういう人に違いない、と思っても、

話してみたら全然違う。

 

きっとこうなるに違いない、と思っても、

ふたを開けてみたら全然違う。

 

人生は思い通りにいかないこともあるし、

行って欲しくない方向に進んでしまうこともあるし、

予想を裏切られることも多々あります。

 

だからこそ、ショックを受けたり、

逆に超楽しくなったり。

 

もしも私たちが、

生まれてから死ぬまでをプログラミングされていて、

あなたはこの通りに生きるんですよ、

なんて言われたらどうでしょう。

 

ああ、明日は入試だけど、合格できるのね。

私はこの人と結婚するのね。

この仕事では失敗して、次の仕事では成功するのね。

 

全部が決まっていたら、私は面白くないと思ってしまいます。

 

決まっていないからこそ、

えええええ?というようなことが起きるからこそ、

人生は面白い。

 

嫌なことが起きた時には、

そう思えないこともありますが、

人生をコントロールできないのであれば、

それを楽しむくらいの気持ちでいた方が、

いいよね、と思うのです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする